お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

お風呂 掃除

【必見】寝ている間にできちゃうお風呂のふたのつけおき方法【簡単】

更新日:

我が家のお風呂掃除担当は、5年生のお姉ちゃん。
綺麗に洗ってくれた浴槽にお湯を張って、さあジャポン。「あー気持ちがいい。」よく温まって出てから、最後に浴槽のふたを閉めて・・・・
「おっと!!!ふたが汚い!」
せっかく気持ちの良いお風呂タイムが一気にテンションが下がり、残念な気持ちにさせられてしまいました。ここは、お姉ちゃんも盲点になっていたのか、我が家のシャッター型のふたはカビも生えていて、ヌルヌルしていて気持ちが悪いふたになっていました。

というわけで、今回のテーマは「風呂ふたの掃除方法と寝ている間にできちゃうつけおき方法」です。
うちのようなシャッター型のふただと洗うのにも一苦労ですよね?そんなデコボコの多いふたもそうじゃないふたも寝ている間に綺麗になっちゃう方法をご紹介していきたいと思います。
是非チェックしてみてください!

ふたの効果的な洗い方3段階

カビや汚れに水を含ませて、ざっと洗う

まずは、簡単に擦って落ちる汚れをざっと綺麗にします。食器洗い機を使っている人はイメージが付きやすいかもしれませんが、食器洗い洗浄機に卵のタンパク汚れやご飯のこびり付き、納豆のねばねばが付いたまま入れても、完全には綺麗にはなりません。まず大切なのはざっと水洗いをすることです。
このメリットは、カビや頑固な汚れが水分を含み浮きやすくなることです。一度下洗いをしましょう。

シャッター型のふたの場合は、凹凸にブラシの毛が入る専用のブラシがあるので、それを使うのをお勧めします。我が家の専用ブラシはかなり使い込んでおり、ブラシの毛が広がっていますが、下洗いなので未だにこれを愛用しています。このブラシがない場合や、「わざわざ買いたくないわ」という方は使用済みの歯ブラシでも大丈夫です。しかし、ふたに足しての大きさが小さいので少し面倒になってしまうかもしれません。じゃばら型も溝があるのでブラシでざっと洗います。板型のふたはデコボコが少ないので、ぞうきんやぼろきれなどでざっと撫でるように洗ってください。
目的は目に見える汚れをざっと落とすことと汚れに水を含ませることです。ここで本格的に汚れを落とそうと力まないで大丈夫です。気楽にやりましょう。

残り湯を使ってつけおきする

さあ、いよいよメインの段階です。
残り湯は大体160~200リットルあると思いますので、そこに重曹200gを入れてよく混ぜます。そして、ふたを入れるだけ。ついでに、洗面器、椅子、子供のおもちゃなど入れられるものはどんどん入れてしまいましょう。ただし、浮いてしまって重曹に浸からないと意味がないので、なるべく重曹に浸るようにしましょう。シャッター型やじゃばら型のふたは中が空洞なので浮いてしまいます。なかに重曹を溶かした水が適度に入るまで手で沈めてください。入った水は穴から出るので心配しないでくださいね。
これで、次の日までつけおきしておきます。このまま一晩何もしなくて大丈夫です!

スポンサードリンク

そして、次の日に重曹水を抜き、シャワーで流してください。気になる部分はブラシなどで擦ってみてください。湯垢・水垢が薄くなって剥がれやすくなっています。汚れが弱っているので頑張って汚れを落としましょう。

どうしても落ちない汚れやカビには・・・

憎い黒カビには「カビキラー」などの次亜塩素酸ナトリウムを含むカビ取りスプレー剤が強いです。
しかし、スプレー式がほとんどで使い方を間違えると目に入ったり、皮膚に飛んだりして結構大変です。
私も、パッキンなどの頑固な黒カビにたまにカビキラーを使いますが、目がしょぼしょぼしてきて、気持ちも悪くなります。使う時は、しっかり換気扇を付けて窓を開け、マスクとあればゴーグルをつけた方が安全です。おそらくつけおきのおかげで広い範囲に黒カビは残っていないと思うので、カビキラーも多く使うことはないと思いますので、気を付けて使ってみてください。

もうひとつおすすめな方法があります。
それは、「キッチンハイター」です。コップの茶渋やフキンの漂白に使う薬剤です。
これを、ティッシュに浸み込ませて黒カビ部分に貼り付けるか、キッチンハイターを黒カビ部分に塗りラップで覆っても綺麗に取れます。しかも、スプレー式ではないので飛び散ることもありません。
さらに、キッチンハイターはカビキラーより次亜塩素酸ナトリウムの濃度が高いので時短が期待できます。是非試してみてください。

たくさんいいことがある魔法の粉…重曹

 

今回、つけおきに大活躍した重曹ですが実は色んな効果があるのです。
重曹は、入浴剤の原料になっていることもあり古い角質や余分な皮脂を落としてツルツルお肌になる効果があります。

上のお姉ちゃんは軽いアトピー性皮膚炎ですが、皮膚科の先生から肌に優しいお風呂の入り方を教えてもらったことがあります。
まず、湯船に「重曹・粉末のビタミン剤・塩」を一つまみ入れます。そうすることでお湯の性質が変わり、肌への刺激が減るのだそうです。

また、夏場のあせもにも重曹は効果的です。なぜなら重曹には抗菌作用があるからです。
我が家では、コンスターチと重曹を6:4の割合で調合しそれをあせもにパタパタしています。しかし、重曹はザラザラしているので擦るように塗ってしまうと逆に肌を痛めてしまうので、ポンポンを肌に乗せるように使ってください。一番いいのは、乳鉢で粉の粒子を細かくすることですが、私は理科の実験以来目にしていないので、きっと皆さんのご家庭にはないかと思います。なので、お風呂上りに優しくポンポンしてくださいね。

このように、重曹はいいこと尽くしの粉です!
これを知ってしまったら、もうお風呂場に重曹を常備しておくしかないでしょう。

まとめ

  1. お風呂ふたを掃除するには、まず下洗いをします。
  2. 重曹で一晩つけおきします。
  3. 頑固な黒カビには塩素系漂白剤を使います。
  4. 重曹はお風呂ふた掃除やつけおきだけではなく、入浴剤やベビーパウダーとしても重宝します。

寝ている間に綺麗になっちゃうなんて本当に素敵!これはやらなきゃ絶対に損です!また、重曹は万が一浴槽に残ってしまっても、食せる物なのでからだへの害もありません。
「重曹のつけおき方法」は、我が家のようにアトピーで悩んでいるお子さんがいる方は勿論のこと、どなたにもやさしい掃除方法だと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

-お風呂, 掃除

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.