お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

洗濯 豆知識

いくら節約できる?お風呂の残り湯で洗濯しても大丈夫?

更新日:

「あー。あと4日か・・・。どうするかな~。」

給料日前の一言。あと5000円多くお財布に入っていたら、どんなに気が楽かと天を仰ぐことはありませんか?

我が家は、大人1人、子供2人の3人家族ですが、給料日前の夕飯が3日連続でおかゆだったことがあります。おかずは塩です。自分の情けなさで涙が出て、しょっぱいのは涙か、塩か、正直分かりませんでした。

今回のテーマは、「お風呂の残り湯で洗濯はいくら節約できるのか?」です。

もし、あの時の私が知っていたら、涙のおかゆは食べなくても済んだかもしれない、お得な情報をご紹介します!

 

スポンサードリンク


 

そもそも残り湯を洗濯に使っても大丈夫?

もちろん大丈夫です!

洗濯機本体に「残り湯コース」や「お湯取り機能」などが、元々ついている洗濯機もあります。

節約志向やエコ意識の高まりに伴い、これらの機能が付いているものが多くなり、昔に比べて残り湯を使うことにあまり抵抗がなくなってきたことは、私も肌で感じます。

 

しかし、中には「子供ができてから衛生面で気になり止めてしまった。」や「どのくらい節水できているのか、目に見えて分からないからやりがいがない。」などの意見もあります。

私も以前は残り湯を利用していたのですが、くみ上げポンプのモーターが故障してしまいました。早速、家電の修理屋さんに来てもらいましたが、モーターの交換だけで12000円以上もしたのでやむなく断念。その洗濯機自体が故障するまでの7年間は、残り湯を利用しないでいました。

このように、さまざまな理由で残り湯を使わない人もいますが、使うか使わないかは個人の自由です。使っているからといって威張れる訳でもないし、使っていないからといって下を向いて生きていく必要がある訳では全くありません。

ちなみに、我が家は洗濯機を買い替えてからは、お風呂の残り湯を存分に使っています!しかも、くみ上げポンプではなくバケツを使っています!これだけは自信を持って言えますが、バケツは壊れても故障の心配はありませんから!

ズバリいくら節約できるの?

全自動洗濯機は、1回の洗濯につき、洗いとすすぎ1回を含めて100リットル近くの水を使います。

一般的なお風呂が200リットル溜まると考えて、毎日1回洗濯をして、毎日浴槽にお湯をためた場合、1日つき300リットル近くの水を使うことになります。

水道代は、自治体によって異なるのですが、下水料金と消費税を含めて平均的には「1リットル=0.3円」になります。つまり、毎日の洗濯とお風呂だけの水道代は300リットル×0.3円=90円となります。

スポンサードリンク

 

これが、残り湯で洗濯すると、だいたい50リットル~80リットルの水を再利用できます。1回の洗濯で100リットル30円。その約半分が残り湯でまかなえるとなると、1回約15円の節約になります。

もっと細かく計算するとなると、くみ上げポンプの電気代を足さないといけません。消費電力の計算は、その家庭がオール電化なのか、または使う時間帯などでかなり大きく差が出るので、一般的な数字しか出せませんが、なんと0.068kWh・約2円しかかかりません。深夜料金やオール電化ならもっと安くなる可能性もあります。

よって、30円-2円=28円の節約ができることが分かりました。

ちなにみ、バケツで残り湯をくめば、電気代がかからないので、節約できる金額は約30円になります。

年間計算すると、1日1回洗濯機を使うとして、28円×365日=10220円の節約です!

この数字を聞くと、残り湯洗濯はやらない手はありません。

 

残り湯洗濯の3つのポイント

具体的に残り湯を使う場合の節約できる金額が分かったところで、俄然やる気になった人もいるかと思いますが、残り湯を使う時のポイントが3つあるので注意してください。

1.すすぎは清水(水道水)を使う

洗うのは、適量の洗剤を入れているので、臭い移りや雑菌が残ることもないのですが、やはりすすぎは水道水を使いましょう。

心配であれば、Kaoの「アタックNeo抗菌EX Wパワー」がおすすめです。洗った後に洗濯物の臭いを嗅いでもすっきりとしていて、全然臭くありません。CMは豊川悦司さんの「俺たち、悪臭菌の居場所がぁ~」というやつです。

また、柔軟剤を使う人は、柔軟剤のパッケージの裏を是非もう一度見てみてください。「すすぎには必ず清水を使ってください」と書いてあると思います。

 

2.残り湯は綺麗にしておく

何日も沸かし返した残り湯はさすがに雑菌だらけで、洗濯に使うのも気が引けてしまいます。

できれば、湯船に入る前に体を洗うなどして、残り湯がきれいになるような工夫をしてみるのもいいでしょう。また、お風呂から出る前には髪の毛や、目に見えるごみくらいは取るように心がけるのも一つの工夫ですね。

 

3.残り湯は冷めないうちに使う

洗濯物の汚れの一つに「皮脂汚れ」があります。つまり、油です。

油は、真水より温かい方がよく溶けるので、残り湯を使うのはとても効果的とも言えます。

前日の残り湯を翌朝使うとしても、20~25℃位の温度はあるので、できるだけ冷めないうちに使ってしまいましょう。

 

残り湯を使う時の注意点

ここまで、残り湯を使うといい点をたくさん紹介しましたが、最後に注意したい点をご紹介します。

「入浴剤を入れた残り湯は使えるのか?」

多くの入浴剤のパッケージには「残り湯を洗濯に利用できる」と書かれていますが、香りや色の強い入浴剤は洗濯物に移ってしまう可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。

以前、子供たちが好きな「LUSH」のバスボムを入れた残り湯で洗濯したところ、バスボムの香りがしっかりと洗濯物すべてに残っていたました。もともとその香りが好きでお風呂に入れている訳ですから、不快な臭いではなかったものの、それを「良し」とするかは人それぞれかと思います。

 

まとめ

お風呂の残り湯で洗濯しても大丈夫?

はい。大丈夫です。

 

いくら節約できる?

1回の洗濯で約28円の節約になります。(年間約10220円)

 

残り湯洗濯のポイントと注意点

1.すすぎは水道水

2.残り湯は綺麗にしておく

3.残り湯が冷めないうちに使う

4.入浴剤の入った残り湯を使う時は、強い色や香りを避けよう

 

みなさんも、まずは2か月試してみて、前回の水道メーターの金額と比べてはいかかでしょうか?

 

スポンサードリンク

-洗濯, 豆知識

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.