お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

洗濯

エアコンのカビ掃除って難しい?カビの原因は一体何?

更新日:

エアコンを付ける男性

「あれ?エアコンからなんか変な臭いがする気が…。」

って一度は思ったことがあるんじゃないでしょうか?

私もね、つい最近エアコンを付けたら変な臭いがして困ってたんですよ。どうしてこんな臭いになってしまったのかって調べてみたんです。

そうしたら、“カビ”が原因だったみたいなんです!!!

何度もフィルター掃除しても臭いが消えないわけですよね。てか、フィルターが原因ではなく、“カビ”ってわかったけどエアコンの“カビ”って取るの難しくない???って思いますよね。

そうなんですよ!それが難しいからまた面倒くさいんですよね。

でも、この臭いどうにかさよならしたいですよね。今回は、エアコンの臭いの原因“カビ”について調べてみましょう。

 

エアコンになぜ“カビ”が生える?

カビ

エアコンなんて、冷房と暖房だしそれだけなのになぜ“カビ”なんて生えちゃうの?って疑問になりますよね!!!

その原因を教えたいと思います。

温度

“カビ”は気温が5度から35度の間であれば生えてきます。一般的に家の中の温度は寒くても10度、暑くて30度、去年はもっと暑かったので35度以上になった家もありますよね。

そうなると“カビ”にとっては家の中はとても住みやすい環境なんです!

特に気温が20度から30度の間で、湿度が65%以上になってしまうとどんどん“カビ”が増殖していくのです。梅雨や台風シーズンは“カビ”に気をつけないといけません。

湿度

“カビ”が繁殖するには80%以上の湿度が必要と言われているんです。一般的な住宅の湿度は30%から80%と言われています。

本来、“カビ”が繁殖できないと言われているところでも“カビ”が繁殖するのは、湿気ではなく水分の表面を利用しているからです。つまり、湿気よりも湿気がいつもあるということのほうが“カビ”の繁殖に適しているといえることになります。

汚れ(栄養)

“カビ”はエアコン内部の汚れを栄養分として繁殖します。“カビ”の栄養分は、ホコリや食品といったものだけではなく、無機物や鉱物までも利用することが出来ると言われているんです。

私達の生活にかかわるもののほとんどが“カビ”の栄養になります。

 

とこの3つが原因で“カビ”がエアコンに出来てしまうという事です。

じゃあ、エアコンに“カビ”が生えてしまったら、どうしたらいいんでしょうか?

“カビ”を取る掃除の方法は?

業者さんが掃除してる

エアコンに“カビ”が出来る原因はわかりました。

エアコンの“カビ”を取るっていうけど、フィルター掃除とは違って結構手間がかかってしまうんですよね。ということは、それなりに業者さんを呼ばないといけないの?って思いますよね。

スポンサードリンク

大丈夫です!!!

業者さんを呼ばなくてもいい方法があります。

では、憎き“カビ”を消し去って綺麗なエアコンにする方法を教えちゃいましょう♡

エアコンの掃除方法。

※エアコンの掃除をする時は、必ずコンセントを抜きましょう

  1. 前面パネルを開く…機種によっては取り外し可能なものもあります。前面パネルは、取り付け部分も含めて頑丈なつくりとはいけないので、開けるときはゆっくり丁寧に開けてください。開け方が変わらないなって時は必ず取扱説明書を読んで下さい。
  2. フィルターの掃除…フィルターの掃除はエアコンから取り外し、掃除機でホコリを綺麗に吸って、その後水洗いという方法。もう1つは、フィルターを付けたまま軽く掃除機でホコリを吸って、取り外してからまたもう一度掃除機でホコリを吸いとりお風呂で洗うという方法です。
  3. ルーバーを掃除する…ルーバーとは吹き出し口のことです。コンセントを抜いているので自動で開くことはありません。その為に、手で動かして掃除します。ルーバーが開いたら、柔らかい布で水拭きをします。汚れがひどいときは、中性洗剤を薄めて水拭きします。水拭きをするときは、硬く絞って水が垂れないように注意して下さい!!
  4. エアコンの冷却フィンに掃除する…エアコン内部の掃除は、【冷却フィン】の掃除と、【送風フィン】の掃除になります。洗浄スプレーで掃除するのですが、種類が違うので気をつけて下さい。※ホームセンターなどで一般的に販売されているエアコン洗浄スプレーは【フィン】掃除で使います。【ファン】掃除には使用出来ないので注意して下さい。
  5. エアコンの送風ファンを掃除する…送風ファンはエアコンのなかでも1番カビが生えやすい部分になります。気になる人は懐中電灯を当てて、1度中をチェックしてみましょう!【ファン】用スプレーは泡状になってファンの汚れを取ってくれます。しばらくすると、液が下に垂れてきますので、エアコンの周辺には物を置かず、壁や下にはビニールを敷くようにして下さいね!

私が使ったらスプレーは【くうきれい エアコンファン洗浄液】です。ビニールもついているので凄く簡単に出来ますよ!!

これで綺麗になったと思ったら大間違いです。

この後しておかないといけないことがあります。

掃除した後に必ずすることは?

涼しんでいる男性

全て掃除をし終わったら、必ず送風しないといけません。

送風をすることで、中で乾ききってない液体を乾かすことが出来ます。乾ききっていないままだとまた“カビ”が生えてしまうのです。

せっかく綺麗にしたのに、また“カビ”が生えてしまったら嫌ですからね!

では、今後どういったことに気をつけたらいいんでしょうか?

 

“カビ”を生やさない為にすることは?

家の風通し

  • 冷房運転の後はエアコン内部を乾燥させる

去年の夏はとても暑かったですよね。ずっとつけっぱなしって人も多かったんじゃないでしょうか?冷房運転をすると、エアコン内部のフィンと呼ばれる薄い金属の板に結露がおこります。この結露をそのままにしておくと、“カビ”が繁殖してしまいます。

なので、冷房を使った後は送風運転をして、エアコン内部を乾燥させることが大事です。

  • 室内の湿度を下げる

湿度が高いとなると、また“カビ”が生えてしまいますからね。室内にカビが繁殖していると、エアコンを掃除しても意味がありません。室内の湿度をよく見ておくことも大事です。

  • 室内の風通し

室内に風を通すことで、結露などがおこりにくくなり、“カビ”の繁殖すふ環境を少なくすることが出来ます。湿度を下げることと同じように、室内の“カビ”の繁殖をおさえる目的があります。

 

・まとめ

エアコンの“カビ”掃除ってなかなか自分では出来ないから、業者さんに頼まないといけないのかな?っておもっちゃいますよね!!

私も業者さんのホームページをいろいろ見たんですが、結構いい値段するんです。この金額ならいい服1着買えるよね?って思ってぐらいですからね…。

うまく全てを分解出来て戻せるのならいいんですが、さすがにそれは無理ですから。それならスプレーを使って少しでも綺麗に、嫌な臭いとおさらばしたいですよね。

スプレーは2,000円前後で買えるので、試しにって思って掃除してみるのもいいてすよ♡

やるなら、春か夏に入る前か秋がおすすめです!!

換気もしないといけないので。

エアコンの“カビ”とはおさらばして、綺麗な空気を部屋に送りましょう。

スポンサードリンク

-洗濯

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.