お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

トイレ

トイレが臭いのは下水?解決法はにおい原因によって変える!

更新日:

トイレのにおいは何種類ある?

トイレは排泄物を流すので、臭くても仕方ないと思うものの、友人や親戚など来客があると、くさいトイレだと相手にも幻滅されそうで困ってしまいますよね。トイレが臭い原因といっても、短時間ですぐになおるもの、長期間かけないといけないものと、ニオイにもいろいろあります。

トイレのニオイの原因には、

  1. 排泄物のニオイ
  2. 飛び散った尿のニオイ(アンモニア)
  3. 換気扇のニオイ
  4. 下水のニオイ

の4種類があります。自分の家のトイレのニオイはどれにあたるでしょうか。実は、ニオイの原因によって対策法も違う事をご存知でしたか?

排泄物のニオイ

排泄物のニオイは、一時的なものです。トイレをした直後はくさいものです。

ただ、排泄物が便器にこびりついてしまうとニオイが長期的になるため、便器を定期的に掃除し、きれいに保つようにします。トイレ掃除をして換気をすると次第にニオイは消えていきます。排泄直後の気になるニオイを消したい場合は、スプレーの消臭剤のほか、置き型の消臭剤、芳香剤など使いましょう。

飛び散った尿のニオイ

飛び散った尿のアンモニア臭はきつく感じますが、掃除をこまめにすることで軽減できます。尿はほとんどが水分なものの、尿素が含まれているのでニオイを放ちます。飛び散った尿は便器ではなく床に飛散しているので、掃除が行き届いていないとずっと臭いとして残ってしまうんです。そのため、気付いたらこまめにトイレットペーパーやシートタイプの掃除道具で拭き取るようにしましょう。

また、男性は立ってトイレをするので、どうしても尿が飛び散りやすくなりがち!洋式便座に座って用を足してもらうことで飛び散り尿が少なくなります。立ってするなら自分自身で拭き取ってもらえると理想的ですね。

換気扇のニオイ

トイレには24時間換気として、外からの空気が入ってくるフィルターがあります。このフィルターは掃除をしていないとほこりでふさがっていて汚くなっていることがあります。

換気ができるフィルター部分は女性の手では届かない天井部分に設置されていることもあり、大掃除でもない限り掃除をしない人もいて、その場合は換気しづらい環境になっている可能性も。トイレを使った後のにおいが長時間こもる、トイレ内のにおいが充満する場合はフィルター掃除をしてみることも検討してみましょう。

下水のニオイ

トイレには水がたまっていて、この水を封水と呼んでいます。封水は、トラップとも呼ばれます。水は、下水管からの悪臭、害虫が屋内に侵入することを防いでくれる役目を担っており、便器からの排水パイプは屋外に抜けています。

スポンサードリンク

普通ならば排水管には封水がいっぱい入っているので下水管と遮断されています。しかし、トイレタンクが不具合を起こしている場合は、水量が減ってしまうこともあります。また、長期間使用していない部屋のトイレは水を使っていないため封水の量が極端に少ないことも。その場合、トイレに外からの下水の臭いが充満することがあります。

下水のニオイがしたらこれ!

別荘など長期間使っていなかったトイレでは、封水が蒸発して下水からのニオイにつながっていることがあります。長期間トイレを使っていなくて水が蒸発しているのなら、レバーを回して洗うことが一番の解決です。

レバーを一度だけ回すくらいだと下水のにおいが残っていることがあるので、何度かレバーハンドルを回すことで水を循環させてください。トイレの水を使うことで、次第に下水から上がってくるニオイは消えていくでしょう。

トイレタンクが不具合の場合は

封水の量が極端に少ない場合は、補助水管が他の管から外れている場合もあります。

トイレタンクの蓋をあけて、管を差し込み直します。これはある程度知識があれば、誰でもできます。

また、時間を経過すると封水の水がなくなってしまう時には、トイレットペーパーが排水管につまっていることがあります。その場合は、市販で売っている吸引カップを使って詰まりを直すこともできます。

吸引カップを使ってトイレの不具合をなおす方法

トイレのつまりを解消するために役立つ道具は、吸引カップです。棒の先に半球の形のゴム部分がついた製品で、ラバーカップ、スッポンとも呼ばれています。

水道修理業者でも使われている昔からの修理道具で、ホームセンターでも売っています。おもちゃや携帯電話といった、大きな固形物がつまった場合以外であれば、ほぼ解決できます。

ただ、自己流で使っている人もいて、正しい使い方はあまり知られていません。

ラバーカップには

  • 和式用
  • 洋式用

があります。和式用は以前からある半球状の一般的な形で、先が出っ張った形のものが洋式用です。

また、先のでっぱりが出し入れできる和式、洋式の兼用もあります。最近では洋式トイレが多いので、吸引カップを買う時には、見覚えのある和式タイプではなく、洋式タイプを選ぶ必要があります。

吸引カップの使い方

ラバーカップを使う時、コツは引っ張ること!

  1. 排水溝と先端部分が水平になるようにゴム部分をくっつけます。
  2. ゆっくり押していきます。この時、静かに少しずつ押し込んでいき、これ以上は押し込むことができないところまでしっかり押し込むのがコツ。
  3. そして、これ以上は押し込めないところまで押したら、勢いをつけてぐっと引っ張ります。

引っ張ることで、真空状態を作って吸引力を出すことができます。何回も繰り返し行うことで詰まりがなくなり、ごぼごぼと音がします。

イメージとしては、押すよりも引っ張ること。異物を押し込んでしまうとつまりがひどくなってしまって、水があふれたり、排水管が傷んでしまったりします。手に負えなくなると業者を呼ばなくてはいけなくなりますので、正しい使い方でやるようにしましょう。押し込めない時には、持ち手を傾けてみることも重要です。また、真空状態を作るため、封水が少ないようなら水を少し足して行います。床にはビニールシートやゴミ袋を敷いておくと予期せぬ汚れを防ぐことができます。

つまりが解消できたら、何回か流してみて、流しても大丈夫なティッシュを少しずつ流して様子を見てみましょう。

吸引カップを使った後は

使った後は、水できれいに洗い流し、ベランダで天日干しをしておきます。きれいにしっかり洗い流すことでニオイも取れます。

まとめ

トイレから下水の臭いがすると焦って、下水道の修理会社に電話してしまいがち。

しかし、水を流すだけでも解決できることもあります。まずは解決法を読んで、試しにやってみましょう。

スポンサードリンク

-トイレ
-, ,

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.