お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

トイレ

トイレのタンクに水がたまらない時でもこの方法で!応急処置で対応

更新日:

トイレのタンクに、急に水がたまらない時って焦ってしまいます。トイレを流してみても、なんとなく違和感を感じてしまう時、タンクに水がたまっていかない時、どうしても人間なら「何?」と考えてしまうもの。

業者を呼ぶべき…?それとも、家にある何かを使って直すことだってできる…?トイレのタンクに水がたまらない時に、まずは応急処置ができるか対応してみて、それでもだめなら業者を呼びましょう。

もしかすると、家にある2つのアイテムだけでも直すことができるかもしれませんよ。

家にあるアイテムでトイレの水がたまらない状態を直せる!?

トイレに水がたまらない時、どんな症状でしょうか。

  • トイレに水がたまるのが遅い
  • トイレの水の勢いがゆっくり
  • トイレが流せない
  • トイレの水が少ない

どんな時でも考えるのは、まずは自分で修理できないかということです。

必要なものは、ゴム手袋とマイナスのドライバー1本。ゴム手袋、マイナスドライバーはダイソーやキャン★ドゥ、セリアなど100均でも売っているので、営業時間内なら計200円。業者を呼ぶよりも安いため、まずは用意して応急処置をしてみましょう。そして、ステップごとに考えてみて、ダメなら業者を呼ぶのがいいでしょう。

原因①:止水栓を開け忘れている

最初に確認したいのは、止水栓が閉まっているかどうか。

止水栓を開け忘れている場合、家族がトイレ掃除をした後にそのままだった場合だと、水が流れずにいる場合があります。タンク、壁をつないでいる給水管の部分にある止水栓をマイナスドライバーで開け忘れている場合は比較的簡単に直すことができます。

トイレタンクの中を掃除した時 終わってから閉め忘れると、トイレを流しても水を出すことができません。水の流れが弱くなります。

マイナスドライバー1本でできる直し方

  1. マイナスドライバーを用意します。
  2. 半時計まわりに回します。
  3. 止水栓を開くことで水がたまりやすくなります。

注意点は、止水栓を開きすぎると、水がタンクの外に出てしまうことがあることです。タンクのふたをあけて、どのくらいの水がたまっているか確認しつつオーバーフローしないように注意してください。

原因②:タンクの中の浮き玉位置

原因①で解決しないようなら、タンクの中の浮き玉位置を確認。もしかすると、タンクの浮き玉が破損しているかもしれません。

  1. タンクの蓋をあけて、ボールのような浮き玉が入っていることを確認します。
  2. タンクの給水管や壁にひっかかって、浮き球が上がったままだと水がたまらなくなります。

浮き玉がひっかかった原因を解消しましょう。ひっかかっていて下がらないだけなら、下がるようにします。浮き玉が破損や劣化している場合、交換もありえます。浮き玉はホームセンターでも購入ができます。トイレメーカーによって違いはそこまでありませんが、購入時にホームセンターの人に聞いてみます。ボールタップとセットになっている商品がほとんどで、セット購入します。

スポンサードリンク

この浮き玉は、トイレのタンクの中で上下することで水の量の調整をします。上の位置に上がっていると、水の量が一定で出ない結果になります。

原因③:ボールタップのフィルターが詰まっている

上の理由でも違うのなら、フィルターつまりでトイレのタンクの水がたまるのが遅い場合があります。この場合、手洗いの管から水が出ないなどもあります。

  • 止水栓は開いている
  • 浮き球も下がっている

この時、ボールタップのフィルターがつまっていることがあります。ごみがたまると水が流れにくくなり、タンクに水をためるのが遅くなります。

ボールタップは自分で掃除もできる!

ボールタップの掃除方法は、

  1. 止水栓をとめる
  2. ボールタップからフィルターを取る(フィルターは、フィルターロックをはずして、プラスチックのキャップ半時計まわりにして取ります。)
  3. 網部分のフィルターを水で洗い、さび、ごみを取り除きます。
  4. 洗ってきれいにしたボールタップのフィルターを取り付け、タンクに取り付けて終了です。

フィルターをきれいに水洗いし、止水栓をあけて水を出してみると水が定量出ることがあります。タンクつきトイレだと、ボールタップはプラスチックのキャップの色が違っているのでわかりやすいです。

ボールタップはプラスチックと筒状のフィルターの2部分になっていることが多いですが、メンテナンスガイドをよく読み、メーカーホームページからフィルター掃除方法を確認してください。装着する時には、フィルターの筒がボールタップを破損しないように注意します。

原因④:ダイヤフラムの劣化

トイレのタンクに水がたまらない場合は、ボールタップの中に取り付けられているダイヤフラムの原因かどうかを調べてみましょう。ダイヤフラムは給水管の水圧を調整しています。最初は新品だったダイヤフラムも経年劣化するので、新品と交換してしまうのもひとつ。ネットショッピングや大型ホームセンターに行くと手に入ります。小さい工具店だとない場合もあります。届くまでトイレが使えないなどあるため、ダイヤフラムの劣化が原因の場合は、在庫を持っている業者に依頼してしまう人もいます。

ダイヤフラムの交換も自分でできる!

ダイヤフラムの交換をする時、便器に貼られたシールに品番ラベルが記載されています。トイレの型番によってダイヤフラムは違います。パッキンとプラスチックが一緒になった部品で、手のひらサイズの部品です。

交換方法は、

  1. 止水栓を閉じる
  2. タンクの水を流す
  3. 浮き玉をボールタップから外す
  4. ボールタップのナットを外し、ダイヤフラムを外す
  5. 新しいダイヤフラムをつけ、ナットや浮き玉もつける
  6. 止水栓を開ける

新しいダイヤフラムをつけて、タンクに水をためてみてください。

全て違うのなら業者に相談するのがおすすめ

原因を1から4まで検索してみて、結局全てが違うのなら、業者に相談することがおすすめです。

トイレに水がたまらない時の金額の目安

トイレに水がたまらない時、

  • タンクの中の部品交換は8000円~
  • タンク着脱ありの部品交換12000円~
  • 止水栓の交換1万円ほど
  • ボールタップ交換は8000円~

主に1万円前後ですが、業者や部品によっても違います。特に、ダイヤフラムの交換だと、品番やメーカーによって部品が違い取り寄せないとない場合もあります。

戸建では定期点検でチェックがあるため、メンテナンスをまめにしておくことでトラブルき回避ができます。タンクの中を掃除しておくことも重要で、古いパーツが多く、リフォームをする、ホームセンターで新しい部品に交換することも考えておきます。

まとめ

トイレのタンクに水がたまらない時、業者を最初から呼ぶとなるとお金がかなりかかってしまいます。そのため、自分自身で直すことができるならやっておきたいですよね。部品交換も大型ホームセンターやネットショッピングで購入できるアイテムがあるのなら、簡単に変えることができます。

焦らず冷静にやってみることが大切!まずはとりかかりましょう!

スポンサードリンク

-トイレ
-, ,

Copyright© ハウツークリーニング , 2019 All Rights Reserved.