お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

カビ トイレ 掃除

トイレの壁に生えたカビ…知られざるその原因と対策を徹底解説!

更新日:

トイレに入ると目に入る壁の黒い点々。
これは、カビなんです。お風呂場のように常にジメジメしていないのに、どうしていつの間にかカビが生えてしまうのでしょうか?
トイレはいつも清潔にしておきたいものですね。我が家でもいかに綺麗に掃除するか、いかに綺麗に使うか悩みの種でもあります。
しかも、家族が多ければそれだけ掃除の回数は増え、家族にも協力してもらうことも多いでしょう。

ということで、今回のテーマは「トイレにカビが生えてしまったらどうする?」です。
なるべく少ない回数の掃除でカビを退治し、カビの生えにくいトイレにしたい人必見のお役立ち情報です!

トイレのカビの原因と健康への影響

まずは、原因から知っておかないと対策も打てません。そこで、トイレの壁に生えるカビの原因を見てみましょう。

壁のカビの原因

1.室温と湿度
カビが最も活発になる条件は、室温25~30度、湿度80%以上の環境です。
実は、トイレは密室なうえに水が常にたまっている環境なので、この条件にあてはまるのです。

2.飛び散るおしっこと手洗いの水しぶき
トイレ内に手を洗う場所があると、当然洗った時に水がポタポタと垂れたりはねたりします。また、男性が立っておしっこをすると目には見えないかもしれませんが、実はかなりおしっこが周りに飛び散っているのです。これが、菌の繁殖や湿気の原因になっています。

カビの健康被害

実は、数百から数千個のカビの胞子が常に室内の空気1m³中に浮遊しています。さらに、私たちの皮膚に存在する常在菌も、カビ菌の一種です。これは、私たちを悪いカビ菌から守ってくれている菌の一種ですが、トイレの黒い点々は言うまでもなく悪いカビ菌です。当然ですが体にいいことはありません。

大量にカビを吸い込むと、肺にカビが生えてしまうことがあります。(気管支肺アスペルギルス症)また、皮膚や腸管、女性の生殖器に感染するカンジダ菌もカビの一種でホルモンのバランスが崩れた時や、疲れていて抵抗力がなかったりするとかかりやすくなります。こうした感染症の他に気管支喘息やアレルギーの原因にもなりことがありますので、悪いカビは絶対に退治するべきです。

カビが生えてしまった時の掃除法

では、カビの生えてしまった壁はどのように掃除すればよいのでしょうか?

乳酸系のカビ取り剤

カビ取り剤と聞くと、お風呂場で使う「カビキラー」が頭に思い浮かびますが、これは塩素系(次亜塩素酸ナトリウム)です。みなさんも経験があるかと思いますが、「カビキラー」を使っていて知らぬ間に洋服に薬が飛んでいて、時間が立ったら洋服の色が変わっていたことはありませんか?壁紙も同じで、塩素の漂白作用で壁紙の色が変わってしまうことがあるので、「カビキラー」は壁紙には適していません。

スポンサードリンク

お手頃なのは、ホームセンターの常連さんでもある「激落ちくんシリーズ」の「激落ち 黒カビくん 浴室用 非塩素系 乳酸 カビとりスプレー 320ml」です。浴室用ですが、非塩素系の乳酸系カビ取り剤です。
それから、スプレータイプではなく、そのまま拭けるシートタイプの物ならば、「
アズマ 『カビ防止』 乳酸ウェットシート バス・脱衣所用」があります。

消毒用エタノール

また、ご家庭に常備している方もいるかもしれないですが、消毒用エタノールも使えます。ただ、鼻にツンッとくる臭いが苦手な方もいるかと思うので、試してみてから使ってみてください。

掃除方法は、これらを壁に満遍なくスプレーして、あまり時間をおかずに濡れた雑巾などで素早く拭きます。あまり長い時間おいてしまうと、壁紙が湿って劣化の原因になるので注意してください。そのあとは、乾いた雑巾で乾拭きし、換気扇を付けたり窓やドアを開けたりして、しっかりと乾燥させましょう。また、力強く乱暴に拭くと、カビの胞子が飛び散ってしまう恐れがありますので、やさしく拭きましょう。

カビの予防方法おすすめ3選

さあ、綺麗になった壁ですが、お風呂と同じように掃除をしても、どこからともなく再び現れるのがカビ。
一生、カビとの戦いになってしまいます。そこで、私たちが取るべきは予防策です!お勧めの予防方法と日頃の心がけひとつで、だいぶ変わってきますので是非お試しください。

おすすめ① 換気

当たり前と言われてしまえばそうなんですが、トイレはお風呂場ほど換気扇をつけないのではないでしょうか?
つけるとしたら、大便をした後の数分程度。湿気対策ではなく臭い対策として使っていた人がほとんどだと思います。
電気代も気になるところですが、時間を決めてこまめに換気扇を回したり、寝る前にドアを開けるなどして空気が循環する環境を作りましょう。

おすすめ② こまめな拭き掃除

やはり、尿飛び散りや手洗い場の水のはねが湿気の原因なので、こまめに拭き掃除をすることがいいと思います。
我が家では、「ルック まめピカ 抗菌プラス トイレのふき取りクリーナー 」を使っています。これをお勧めする理由は、トイレットペーパーに吹き付けて使った後はそのまま流せるからです。6歳の息子も、これならやってくれます。

おすすめ③ カビ予防剤

防カビスプレーを掃除の仕上げにしておくのもとても効果的です。手間はかかりますが掃除の頻度が減るのは、もっと嬉しいのではないでしょうか?

まとめ

トイレの壁にもカビは生えます。そして、カビは様々な感染症やアレルギーの原因にもなるので、撃退しましょう!
まず、乳酸系カビ取り剤や消毒用エタノールでカビを除去し、日頃の換気やこまめな拭き掃除でカビを予防しましょう。
さらに、カビ予防剤スプレーを使うとカビが生えにくくなり掃除の頻度も減るので試してみるのもいいかもしれません。

今回、カビの恐ろしさとトイレの壁にもカビが生えやすいということが分かり、私も早速カビ取りスプレーを購入しました。我が家にはアトピー性皮膚炎の娘もいるので、カビには結構敏感に対処していましたがトイレの壁は盲点でした。空気中に浮遊しているカビとはうまく付き合わないといけないとは思いますが、健康に過ごすためにもこまめな拭き掃除を心掛けたいものですね。
そして、どうしても取れないカビがあるときは、プロのトイレクリーニングにお任せするのも1つの手だと思いました。みなさんも、1日の内トイレで過ごす時間は短いかもしれませんが、健康なトイレタイムを過ごせますように!

スポンサードリンク

-カビ, トイレ, 掃除

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.