お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

掃除 豆知識

“捨てられないモノあるある”5選。バッサリ捨てる断捨離術とは?

投稿日:

断捨離の画像
「ちゃんと片付けをしているのに、なぜか物が多い…」
「部屋がすぐに散らかってしまう…」

こういった悩みを抱える人の多くは、"モノが捨てられない”という共通点があります。

ゴミやホコリはきちんと掃除しているのに、部屋に物がごちゃごちゃしているということは、根本的に不要なものが多いということ。実際に私もそうでした。

いくら片付けや掃除をしていても、物が多いとなれば収納できるスペースがなくなり、結果的に部屋が散らかってしまうという悪循環になります。かなり散らかってしまうと、もう手遅れ・・・。片付ける気力も無くなってしまいます。

今回はそんな、"捨てられないモノ"を上手く処分して部屋も心もスッキリするために、誰でもできる断捨離術をご紹介したいと思います♪

"捨てる”が足りていない?まだ潜んでいる「不要なモノ」

女性の画像

片付けているはずなのに、ちっとも変わらない。捨てても捨てても代わり映えしない。

こうなってしまう原因は、「それなりに断捨離をしているつもりでも、実際にはまだ不要なものが残っているから」なんです。

明らかに要らないゴミなどはすぐに捨てられますが、本人がゴミだと思わないものに関しては、「まだ置いておこう」などと思い、捨てるタイミングをスルーしてしまっているかもしれません。

一度置いておこうと思ったものに関しては、クローゼットや押し入れ、本棚の中などに入れっぱなしになります。断捨離をしているときでも、これらの存在はスルーしてしまいがち。使っている使っていないの判断すら行わなくなってきます。その結果、収納スペースを占領してしまい、本当に必要なものを収納するスペースが追いやられることに・・・。そして手付かずのまま最後の最後まで放置されてしまうのです。

私も無意識のうちにこの悪のスパイラルにハマり、なかなか物を捨てずに保管しておく習慣が付いてしまいました。みなさんもこういった保管の習慣はありませんか?

自分では気が付かない"捨てられない心理”って?

女性の画像

私も含め、物が捨てられない人はこういったことを考えると思います。

・いつか使うかも
・もったいないから置いておこう
・捨てたあと後悔したくない
・思い出の品だから

このように、また必要になるかもしれないから置いておこう、という心理から、物が捨てられなくなるのだと思います。

でも、断捨離を上手く成功させるには、

・「いつか使う」はもう来ない
・もったいなくても使わないものは売った方が良い
・大抵のものはまた買える
・本当に大事な思い出の品は無理して捨てなくていい

といったように、考え方をシフトチェンジすることが大事。
例えば、一年間使わなかったら捨てるだとか、今必要ないものは捨ててしまう、といったルールを自分で決めてしまう方がいいでしょう。

もったいないという理由で捨てられない方は、「買取サービス」を利用するのもおすすめ。自分が使わなくても、他の誰かが使ってくれるのであれば罪悪感なく捨てられると思います。捨てるはずの物でちょっとしたお小遣いにもなるのでお得ですよね。

私も断捨離の際にはこの「買取サービス」を上手く活用しました!
捨てるものを探すのはなかなか難しいですが、売ってお金になるなら良いや、と思う物であれば案外簡単に選べますよ(笑)

なかなか捨てられないモノ5品。賢く捨てる方法をご紹介!

ではここで、私が断捨離した際になかなか捨てられなかった物と、うまく片付けられた方法を伝授したいと思います!服とか家具などは断捨離の定番ですが、それ以外に見落としがちな物がまだまだあります。順番に見ていきましょう!

① 本・雑誌

本の画像なかなか捨てられないあるあるとして代表的なアイテムは「本・雑誌」だと思います。

本や雑誌の場合は「また読むかも」といった考えになりやすく、捨てるタイミングを失ってしまいだち。一度読んだだけでそれっきりの本・雑誌が大量にありませんか?

本棚だけにとどまらず、テーブルやベッドの脇などに山積みされているなど、捨てようと思っていても保管しておきたくなるアイテム第一位だと思います。

しかし、だいたいの本や雑誌は一度読むとほとんど読み返したりしないかと思います。情報を得るためだけの専門書や、暇つぶしだけのファッション誌など、こういったジャンルの本たちは捨ててしまうのが吉。

反対に、自分が何度も読み返したい小説や、精神的にポジティブになれる本などは本棚に飾ってあげると良いでしょう。万が一捨てて後悔してしまった場合でも、図書館や古本屋で手に入れることもできるので、読まない本はバッサリ手放してしまいましょう!

売れる本なら売ろう♪

本は捨てるよりも、売った方がお得です。捨てるのは気が引けるという方にも買取サービスの利用をおすすめします。

大手古本買取業者のブックオフでは、買取額はそんなに高くありませんが大抵の本は買取って貰えます。捨てるよりかは断然お得なので、是非活用してみてください。

また、できるだけ高く本を売りたい方は、本の買取に特化した買取業者に買取って貰うのもアリ。人気の専門書や、新刊の物であれば高く買い取ってもらえる可能性が高くなりますよ。自宅に居ながら買取に出せる"宅配買取”といった便利なサービスを行っている業者もあるので、是非調べてみてください♪

② 思い出の品・プレゼント

写真の画像捨てるのに一番踏ん切りがつきにくいのは「思い出の品」。

学生時代の写真やアルバム、作品などは、頻繁には見返さないものですが、なかなか捨てるのには勇気がいりますよね。さらに、人からもらったプレゼントなんかも同じです。

自分の趣味じゃなかったものでも、捨てるのには罪悪感が出てきて捨てづらくなるのも当然です。

まず、思い出の品の場合は、

「その物実物を残しておく必要があるか?」

というのを基準に考えてみてはどうでしょう?
その物実物を残しておくことより、思い出自体を残したいということであれば、写真に撮って残しておくのも良いかと思います。

スポンサードリンク

写真という思い出フォルダにしまって置けば、実物が無くても思い出に浸ることができます。また、写真が大量にあるという方は、写真をDVDなどに焼いてデジタル化する方法もあります。

こうすれば場所を取らずしっかり思い出を収納できるので、捨てる踏ん切りもつけやすいかと思いますよ♪

捨てるものを残すのを見極めよう

思い出の品は、どうしても捨てられないという物も中にはあると思います。そういった物は無理矢理捨てる必要はもちろんありません。ただ、残しておく方法を工夫をすれば、今よりもっとスリムに片付けることができますよ。

一度思い出BOXを見直してみましょう。写真に撮って置けばいいものと、実物を残したいものとで判別できるかと思います。

また、プレゼントなどは捨てるのは難しいですが、買取に出すという方法もあります。アクセサリーや洋服など、持っていても使わないのであれば、使ってくれる他の人の手に渡ったほうが、プレゼントにとっても良いと思いませんか?

今まで手を付けなかったものでも、断捨離すれば気持ちも整理できる場合もあります。思い出の品は、断捨離のメインといっても良いでしょう。

③ 使っていない電化製品

調理家電の画像なかなか捨てられないモノとして、捨て方が分からないといった理由が多いのが「電化製品」だと思います。

購入したけどなかなか使わなかったものや、買い替えに伴って不要になったものなど、普通ゴミでは捨てられないからこそついつい放置してしまう方も多いのでは?

電化製品においては、1年間使用しなかったらほぼ確実に今後も使わないと断言できます。わたしは、電気カーペットと、フライヤーを購入したんですが、一度も使うタイミングがなく1年が過ぎ去りました‥‥。もっとはやく手放しておけば良かったと思います。

他にも、

・美容機器
・コーヒーメーカー
・調理家電
・掃除家電

などはなかなか捨てられず押し入れにしまったままの方も多いと思います。

不要な家電は売る or 無料引き取りに出す

上記で述べたような電化製品は、使わなくなった段階ですぐに売るのがポイント。発売されてから数年経ってしまうと商品の価値が下がってきてしまうからです。

また、万が一古い家電だったため価値が下がってしまい売れなかった場合でも、無料引き取り業者に頼んでみるのがおすすめ。

電化製品は普通ゴミには出せないので、粗大ごみに出す必要があり、回収費用がかかってしまいます。しかし、中には無料引き取りをしてくれる業者もあるので、捨てる場合にもこういった無料回収業者を利用するようにしましょう。

④ 使っていない楽器類

ピアノの画像幼少期の習い事や、学生時代のバンド活動に使っていた楽器類を押し入れに入れっぱなしではありませんか?

若い時は演奏していたけど、もう今は利用しないという方が多いと思います。私も昔使っていた電子ピアノがありました。思い出もあるし、またいつか利用するだろうという気持ちで捨てるつもりはなかったんですが、ここ1年ほどピアノを弾く機会がなかったので、これはもう要らないなと思い、手放すことに。

まだ故障もしておらず、大手楽器メーカーから発売されている電子ピアノだったので、楽器買取店に買取って貰いました!

楽器はリサイクルショップなどでも買取してもらえますが、色んなジャンルの商品を扱っているショップはあまりお勧めできません。売るなら、楽器を専門に買取している業者に頼むのがベスト。

製造メーカー、製造年月日、機種、モデル、グレードなどを総合的にみて査定をしてくれるので、楽器の知識に詳しい専門買取業者にお願いするほうが高値で買取って貰えます。

おすすめの買取サイトは「鍵盤楽器買取TOWN」

鍵盤楽器買取TOWN私が電子ピアノを売ったのは「鍵盤楽器買取TOWN」です。

この買取サイトを選んだのは、鍵盤楽器を中心に買取を行っている会社なので、鍵盤楽器類の知識に信頼できたからです。また、送料や手数料、査定料などが全て無料だったのも決め手になりました。

ローランドの電子ピアノだったんですが、やはり人気メーカーだけあって、良いお値段買取って貰えましたよ♪

ホームページ内では、高価買取リストや買取実績も多く掲載されているので、お持ちの商品が対象なのかどうかも予め確認することができます。

電子ピアノだけでなく、エレクトーンやヘッドホン、シンセサイザーなども買取が可能です。多少の傷や汚れであれば買取してもらえるので、使わない鍵盤楽器をお持ちの方は利用してみてはいかがでしょうか?利用する際は、ホコリや汚れは出来るだけ掃除して、付属品などと一緒に出すようにしましょうね。

私が電子ピアノを売る際に使ったサイトはコチラ

⑤ 書類・カード類

書類の画像書類やカード類って、なんとなく捨てずに保管しておきなくなる物だと思いませんか?

なんかの契約書や保証書であったり、ポイントカードや会員カード、仕事で使っていたの書類などなど。「後々必要になったら困るから」という理由でついつい溜め込んでしまいますよね(汗)。

書類やカードが増えすぎると、整理するのも面倒になってきて心も折れてしまいます。たとえ綺麗にファイリングしていても、使わない書類が沢山あるのは結構ストレスになるもの。本当に必要な書類を見つける時にも手間がかかってしまいます。

こういった不要な紙類を一層するためには、心を鬼にして捨てることに専念するのが一番。仕事で必要だからという理由を言い訳にしないことが大事です。

例えばこんなものは典型的な不要な紙類だと言えます。

・期限切れの割引券
・いらないレシート
・古い手紙や使いかけのノート
・使い終わったチケット類
・誰か分からない名刺
・既に終えた仕事の書類

思い当たるものがありませんか?
これらはもう迷うことなくゴミ箱行きです。まずは完全に不要なものをポイポイ捨てちゃいましょう。

そこから、本当に仕事で必要な書類なのか、残しておいた方が良い契約書なのかを考えてみるといいでしょう。

書類専用の収納ボックスを作っておく

書類をどうしても溜め込んでしまう人は、せめて同じ場所に収納するために専用の収納ボックスを作るのもアリです。

絶対に必要な書類は他の場所にしまっておいて、他の書類はそのボックスにとりあえず入れておきます。そうすると、「絶対に大切な書類」と「捨てるかもしれない書類」に分けることができます。

捨てるかもしれない書類のボックスは、半年置きくらいにバッサリ捨ててしまえばいいのです。すぐ捨てることが難しい人にとって、3ヵ月間の猶予期間があれば、捨てるときにも決心がつきやすくなるかと思います。

あくまで一時的な収納ボックスなので、この収納ボックスは1つだけにしておいで、数を増やしてしまわないように注意してくださいね!

まとめ

以上、なかなか捨てられないあるあるの品と、その対処方法をご紹介しました。これまでスルーをしていたアイテムと向き合うことで、これまでにないスッキリ感を味わうことができますよ♪

お部屋が片付かない、物が多い、とお悩みの方は、断捨離できるものがないか一度お部屋を探してみてはいかがでしょうか。最近では色んな物を売ることができるので、捨てるものは捨て、売れるものは買取サービスを上手く活用してお得に断捨離しちゃいましょう!

スポンサードリンク

-掃除, 豆知識
-, ,

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.