お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

洗濯

洗濯したら服にほこりがつく原因は?簡単に対策や予防が出来る方法

更新日:

ため息をつく女性

せっかく洗濯したのに、なんかほこりがついてるよぉ。なんで、この服ってほこりがつきやすいんだろ。

ってほこりで悩まされたことありませんか?

私も可愛いなって買った子供のつなぎを洗濯したら、次に着るときほこりがめちゃくちゃつくようになったんです!!

ほこりがついてる服なんて、誰だって嫌ですよね。だから、コロコロでほこりを取ったり洗濯ネットで洗ってみたりするんですけどそれでもダメで…。

洗濯してもほこりの付きやすい服って一体どうしたらほこりがつきにくくなるんでしょうか?服の質とかも関係があったりするのか調べてみましょう!

洗濯物にほこりがつく原因は?

洗濯物にほこりがつく原因って一体何なのか想像つかないですよね!

それにはちゃんと原因があるみたいなんです。

原因その①・洗濯槽の汚れ

洗濯槽

洗濯物がほこりだらけになってしまっている場合は、洗濯槽の汚ているということになるんです。

洗濯槽は定期的に掃除をしていないと、カビが発生してしまったり、汚れやほこりが溜まってしまいます。このような状態で、洗濯をしてしまうと洗っている最中に出てくるほこりや汚れが服に付着して洗濯が終わるとほこりだらけにってことになってしまいます。

ちなみに、洗濯槽の掃除は2ヶ月に1回の頻度でクリーナーすることをおすすめします。

原因その②・ほこりが出やすい洗濯物が混じっている

買った時は分からないんですが、一度洗濯してみるとめちゃくちゃほこりがついている服とかありませんか?

ほこりが出やすい服を洗濯物に混ぜてしまって一緒に洗濯していると、すべての服がほこりだらけになってしまうことがあります。このようにホコリが出やすい物を洗う場合は、他の洗濯物を一緒に洗わないようにしたり、洗濯ネットに入れて洗うなどしてほこりがつかないようにしないといけません。

原因その③・糸くずフィルターが機能していない?

洗濯物にゴミがついてる

洗濯機には糸くずフィルター(ゴミ取りネット)が洗濯槽内に設置されています。それは、洗濯中に出るほこりや糸くずをキャッチしてくれるようになっているんです。

その糸くずフィルターを掃除していない場合は、フィルターが詰まっていてうまく洗濯中に出たほこりなどをキャッチ出来なくなります。そうなると、洗濯物がすべてほこりだらけになる可能性が出てきちゃうので要注意!!

スポンサードリンク

しかも、全然掃除していないとなると糸くずフィルターを綺麗にしてもフィルターにカビが生えていることもあるんです。糸くずフィルターは別売りで新しい物も売っていたり、洗濯槽と一緒に洗うと綺麗にカビも綺麗になったりするので一度試してみてください。

原因その④・水位が低い

洗濯時に使用する水の水位が低すぎると、糸くずフィルターまで水が入らず、ほこりがキャッチ出来なくなるため洗濯物にほこりが残ってしまうんです。

また、水の量が多い方がほこりが浮いて流れていきやすいというメリットがあるので、水の量が少ないのかなって思っている人は、水の量を多くして洗濯物をまわしてみることをおすすめします。

と原因はこんな感じになります。

では、服にほこりがついてしまった時の対処方法はあるんでしょうか?

 

服についてしまったほこりの対処方法は?

喜んでいる女性

服にほこりがついてしまった時の対処方法って何かあったりしないの?って思いますよね!

  • コロコロクリーナーを使う

まずは、その服をすぐに着たいとなるともう一度服を洗うのは面倒ですよね!なら、1番手っ取り早いのが“コロコロクリーナー”です。

コロコロクリーナーで服についたほこりを取ることで、ほこりは綺麗になります。ですが、これはその場限りなので1度取っていてもまた付く可能性もあるのでそこは頭に入れておいて下さい。

  • 洗濯槽の掃除をする

クリーナーで洗濯槽を綺麗にすることで、ほこりがつきにくくなります。ドラッグストアや百均でも、洗濯槽クリーナーが売られています。なので、手軽に掃除が出来ますよ!時間がかかるので、洗濯をした後や夜中に掃除することをおすすめします。それと一緒に糸くずフィルターも浸け置き洗ってもらうとカビも綺麗に取れていますよ。

  • 乾いたスポンジ

服のほこりが上手く取れないときは、乾いたスポンジがおすすめです。生地を傷めずに早く綺麗にホコリが取れるんです。

キッチン用で多くみられる網に覆われたスポンジよりも、スポンジ部分が直接むき出しになっているスポンジが使いやすいですよ!スポンジは濡らさずにそのままスポンジ部分を、生地の表面を軽くこするだけなのでとても簡単です。

  • エチケットブラシ

洋服のほこり取り専用のエチケットブラシが1番楽です。洋服の表面を撫でるように滑らせるだけで、繊維のあいだに入り込んでほこりをキャッチしてくれます。しかも、エチケットブラシは携帯用もあるので持ち運びも便利です。

ほこりがつかないように予防は出来る?

驚いている女性

服にほこりがつかないように予防出来るんでしょうか?

静電気が起こりにくい素材を選ぶ

コートやニットを買うとき、静電気が起こりやすい素材は避けて選ぶことで、ほこりをかなり防ぐことが出来ます。秋冬は重ね着をすることが多いので素材のチェックを忘れずに。

素材同士の相性も重要なので、気をつけて下さい。

黒い服を洗うときは裏にひっくり返して、ネットに入れる

黒い服は特にほこりが目立ちます。裏返しにしてネットで洗うことで、洗濯時のほこり移りを予防することが出来ます。

さらに、網目の細かいネットに入れて洗えば、さらにほこりが入りにくくなります。

静電気防止スプレーをかける

買ったばかりのきれいな服や、ほこりがつきやすい服に静電気防止スプレーを吹きかけるだけで、ほこりを予防できます。

静電気防止スプレーをかけておけば、きれいな状態をキープ。衣類専用の防水スプレーを使うのもOK。

衣装カバーをかけて保管

コートなど、いざ着ようとした時に「あれ?ほこりが?」ってことありますよね!そうならないように、衣装カバーをかけることで、ほこりからカバーしてくれます。

・まとめ

お気に入りの服にほこりがついていたら嫌になりますよね!

その日だけならまだいいんですけど、洗濯したら余計につきやすくなってたら毎回コロコロクリーナーなどでほこりを取らないといけないとなるとその服を着なくなってしまうんです。

せっかく自分が可愛いと思って買った服なのに…。ってならないようにしないといけませんからね。

そんなことにならないように、定期的に洗濯槽や糸くずフィルターの掃除をして服にほこりがつかないように注意しましょうね♡

 

スポンサードリンク

-洗濯

Copyright© ハウツークリーニング , 2019 All Rights Reserved.