お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

洗濯

洗濯で柔軟剤を正しく入れるタイミング

更新日:

ドラッグストアに行くといくつも並んでいる柔軟剤。ご家庭で使っていますか?

私自身も愛用していて、ラベンダー系、フローラル…。汚れの強いものにはグリーン系で消臭効果のあるものと、2~3種類の柔軟剤を洗うものによって使い分けたりしています。前にはムスク系も使っていました。
でも、あれって入れるタイミングや入れる場所が洗濯機で違うんですよね。

お盆休みに山の素泊まりペンションに行ったんですが、洗濯機がかなり昔のもので柔軟剤を入れる場所が全くわからなくて。
義理の母に、「入れるタイミングが間違ってる!」って怒られてちゃったんですよね。でも、柔軟剤っていつ入れればいいの……?

インターネットの口コミを見ていると、「くさい」とか「柔軟剤は不要」とか「洗うにはコツがある」とか書かれていて…。

ちょっと気になって調べてみました。

洗濯に必要なアイテムって何がある?

洗濯をする時に、用意するべきものは何があるでしょうか。洗濯洗剤はみなさん使っているとして、他には何があるのでしょう?

洗濯洗剤

使わない人はいない洗濯洗剤は、粉タイプ、リキッド(液体)タイプ、ジェルボールタイプに分けられます。洗濯には必要で、一般的に粉洗剤が安く、しっかり汚れも落としてくれると言われています。

種類が多いので選ぶのが難しいですが、汚れによって洗剤を選ぶのがいいですね。

柔軟剤

洗濯物をふわふわに柔らかく仕上げることができるのが柔軟剤!ただし後述しますが、使い方にルールもあります。

柔軟剤の香りの選び方

基本的に好きな香りを選ぶのが良いと思います。ただし、柔軟剤は1種類だけを使うのが一番。量も適正量を守りましょう。香りの専門家によって調合されているので、2種類以上の柔軟剤を混ぜてしまうと、よくない香りになってしまいます。

  • フローラル系……花を基本とした香り。女性らしさが演出できます。
  • フルーティー系……レモン、オレンジなど柑橘系のほか、季節限定でストロベリーなど甘い香りの商品もあります。
  • アロマオイル系……ラベンダー、ローズマリーといった自然由来の香りです。精油の香りでナチュラル系の柔軟剤にも多いです。
  • グリーン系……森にいるような香りを楽しめます。
  • 石鹸の香り……男性も女性も使える香りです。

柔軟剤と言えばいい香りのするイメージですが、香りの全くない無香料の柔軟剤もあります。

消臭ビーズという商品も!

洗剤、漂白剤では消えないにおいに使うことができる消臭専用のビーズタイプの商品です。洗濯開始時に洗剤と直接洗濯槽に入れるだけで香りがつきます。

柔軟剤を入れるタイミング

スポンサードリンク

柔軟剤は、洗濯機の形を見て入れるタイミングを判断します。基本的には投入口があるので、投入口に指定量の柔軟剤を入れてセットします。今は自動投入してくれる洗濯機が多いです。

縦型洗濯機

縦型洗濯機は、回転して洗うことができる、ドラムが縦になった洗濯機です。泥などのひどい汚れにも効果があります。柔軟剤を投入するタイミングは洗濯の開始前で、投入口にセットします。最後のすすぎのタイミングで自動的に加えてくれるそう

洗濯機のふち、引出し、洗濯槽のふちのいずれかに投入口があります。

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機は、ドラム部分が斜めになった洗濯機です。縦型洗濯機と同じく洗濯のスタート前に投入します。最後のすすぎのタイミングで自動的に加えてくれます。

ドラム式洗濯機の柔軟剤を投入する口は、洗剤を入れるひきだしにあります。引出しには液体洗剤用、粉洗剤用、柔軟剤用のスペースがあるので間違えないようにしてくださいね。

二層式洗濯機

縦型洗濯機、ドラム式洗濯機と違うのが、昔から使われてきた二層式洗濯機です。柔軟剤を投入する場所がないこともあり、「直接洗濯槽に入れる」ことで使うことができます。すすぎ前に水を入れて柔軟剤を入れて使います。

洗剤が残ると柔軟剤の効果が薄れてしまうので、すすぎの水がきれいになってから柔軟剤を入れるようにします。

手洗い

洗濯機ではないのですが、手洗いの場合もすすぎの水がきれいになったら柔軟剤を入れます。最初は洗剤だけで洗い、すすぎをして、水がきれいになったら柔軟剤を入れて洗います。

 

洗濯する時に柔軟剤でやってはいけないこと

洗濯では、自分の家にある洗濯機は縦型かドラム式か二層式かを判別して柔軟剤の投入タイミングを見極めるようにします。柔軟剤には防臭、速乾の効果のほか、経年変化での嫌なニオイも防ぎます。衣類を長持ちさせることもできますが、それは柔軟剤や洋服の使い方次第です。

量は適正を守る

柔軟剤を使う時、香りを強めに出したいからといって使用量を多くしていませんか?2倍以上の量を入れている人は、周囲に「香害(こうがい)」を起こしていることも考えられます。そして、量を入れると香りは強くなりますが、黒ずみが残ってしまったり、吸水量が低くなることがあります。

タオルに柔軟剤を使う時は

タオルは、初回から柔軟剤を使いません。初回はふわっとしたタオル特有の肌触りを楽しみ、洗っていくうちにごわつきを感じられて固くなってしまったら使います。その時も、3~5回程度に1度の柔軟剤の量にして、頻繁には使わないようにしましょう。

入れるタイミングは絶対に守ること

縦型、ドラム式では自動投入機能があるので問題はありません。問題なのは、2層式の洗濯機での投入タイミングです。柔軟剤を入れるタイミングを見計らって入れなくてはいけないため、面倒だと洗剤を入れるタイミングで柔軟剤を入れてしまう人もいます。これが問題です。

柔軟剤は、最後、すすぎの時に入れます。すすぎよりも前に入れると、洗浄成分と柔軟成分が打ち消しあってしまって、洗えない上に香りもつかないことになってしまいます。せっかく洗剤、柔軟剤を使っているのだから正しく使いたいものですよね。

まとめ

私の失敗の原因がわかりました。旅行先の洗濯機は2層式で、タイミングを見て直接柔軟剤を入れなくてはいけなかったんですね。ただ、私は最初の段階で柔軟剤を入れようとしていました。家ではドラム式の洗濯機を使っていたので、2層式の洗濯機を縦型洗濯機と間違えたんですね。入れるタイミングを教えてもらえたので、これからは使い方もばっちりです。

いい香りがつくほか、消臭、防臭ができる柔軟剤は、汗をかきやすい人やエチケットとして洋服の香りづけをしたい人にぴったり。

ただ、やってはいけないNG行為もあるので、きちんと守って洗濯をすることで仕上がりもよくなるという話ですよ!

スポンサードリンク

-洗濯
-, ,

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.