お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

洗濯

洗濯の色落ち原因!対策をするにはどうすればいい?

更新日:

 

洗濯ものをたたんでいる時にふと気づく色落ち……。

色移りは洗濯機をあけた時に「あっ!」と気づくのでわかりやすいのですが、色落ちは、お気に入りの洗濯物をたたむ時に「あれ?最初に買った時よりもくたびれている」なんて印象を抱きますよね。色落ちをしている洋服=気に入って何度も着ている洋服なので、色落ちしたからといって捨てるのがもったいない!でも、着ていることで貧乏くさく感じられてしまうことも。

私自身も、「ワンシーズンは着る!」と気合を入れて買ったTシャツがすぐに色落ちしてしまった経験があります。また、デニムは折り返しの部分は濃くなって、他が色落ちしてしまったなんて残念な経験も……。

洗濯の色落ちを防ぐには、大切なポイントと予防できる方法があるそうです。習慣づけてしまえば、色落ちが劇的に改善されるって本当…!?

洗濯での色落ちの原因はズバリこれ!

ジーンズなど濃い色の洋服は、色落ちしやすいです。対処方法はやはり「予防」すること。色落ちしてしまった洋服を元の色に戻すには、家庭ではほぼムリ。元の色に戻したいのなら専門業者に依頼しないといけないため、失敗は失敗と考えて、これから同じ失敗を繰り返さないように気をつけるほかありません。

色落ちとは、洋服の色に用いられている染料が落ちてしまい、色あせて見えること。ジーンズや藍染めの洋服は特に目立ちますよね。ジーンズは色が落ちれば味が出るという意見や、わざと色落ちをさせてダメージデニムにしたりする人もいますが、やはり最初の内は鮮やかな色を楽しみたいもの。

では、色落ちの原因はどういったことなのでしょうか。

摩擦によるこすれ

他の洗濯物と一緒に洗うことで、摩擦が生じます。長袖Tシャツは袖がからまったり、ズボンは他の衣類にへびのようにからまったりしてしまい、それだけで生地のダメージになってしまいます。この洋服同士の擦れが蓄積すると、色落ちの原因になります。

洋服の染料

どんな洗濯でも色落ちは起こります。特に、染料で色をつけているもの。天然繊維だと洗濯していくうちに色落ちをしていくことがほとんどで、わかりやすいのは藍染の例。デニムなどもそうです。最初は濃い色になっていて、洗うことでだんだんと色が薄くなっていきます。それが味になると楽しんでいる人もいます。

商品によっては「色落ちします」「白い衣類と一緒には洗わない」と洋服のタグに書いてあるものもありますが、きちんと従って洗濯していますか?注意事項がある洋服は手洗いするなど配慮しないといけません。

スポンサードリンク

洗濯機のコースの強さ

全自動洗濯機は楽ではあるものの、すすぎ、脱水の時間は設定されたコースです。色落ちが心配なら、コースを選択できるものを選び、「おうち洗い」や「クリーニング」コースを選ぶと色落ちしにくくなります。

洗濯をした後に放置

洋服は、白い生地に染料の色をつけて販売しているものがほとんど。そのため、水で濡れた状態で放置することで色落ちしやすくなります。洗濯機が終了すると合図の音がするので、すぐに干すように注意します。洗濯完了して20分以上経過すると、洋服のニオイの心配も出てくるため、色落ちだけでなくニオイの面でも洗濯が終わったら早めに干す習慣をつけたいものです。

色落ちしない洗濯のヒント

色移りよりも長期的なので、気付くともう買いかえるしかない色落ち。避けたいと思うのなら、日々の洗濯習慣で心がけられる色落ちを予防する洗い方があります。デニムなどで、色落ちが心配な衣類は洗い方に工夫して挑戦してみましょう。最初は慣れないかもしれませんが、習慣づけると、色落ちしにくい洗い方が身につきます。

洗濯ネットを使う

ダイソー、キャンドゥ、Seria(セリア)など100均でも売っている洗濯ネットは、洗濯機での摩擦による色落ち原因を緩和してくれます。

ジーンズのようなデニムパンツも、洗濯機の中で他の衣類と絡まったりすることでこすれて色落ちしてしまうこともあります。洗濯機は遠心力で脱水したり、ドラム式だと少ない水や洗剤でたたきつけるように洗う洗濯機もあり、経済的ではあるものの、洗濯機によっては色落ちを加速させてしまいます。洗濯ネットを使うだけで色落ちができるなら安いもの。他の洋服と一緒に洗うにしても、洗濯ネットを使うだけで色落ちが改善されることがあります。

洋服を裏返す

洗濯機による摩擦で色落ちが原因になっているのなら、洋服を裏返すことでもかなりの改善になります。洗濯ネットをわざわざ使わなくても、裏返して洗濯する習慣をつけてみましょう。もちろん、洋服を裏返して、更に洗濯ネットに入れて洗うと、色落ちを予防できます。

ドライモードにする

洗濯機のモードを洗う衣類によって変えるのが洗濯のプロ。クリーニングに関わる仕事の人は、色落ちがしそうなものは特別にモードを変更して単独で洗うようです。

ドライモードがあればドライモードにして洗います。洗濯機の機種によっては「手洗いモード」「おうちクリーニング」と名前が違っていることがあります。弱い水流で洗うコースを選びます。

おしゃれ着用の洗剤を使う

洗濯洗剤は、ほとんどが弱アルカリ性の性質があります。汚れが落としやすいものの、色まで落ちてしまうことがあります。汚れ落ちはそこまでないものの、繊維を傷めない中性洗剤を使うようにします。

おしゃれ着用洗剤は、汚れ落ちはそこまでないものの、生地を傷めにくいです。

洗濯の後はすぐに干す

衣類が水で湿った状態でずっと放置されていると、湿気、重みによって衣類の染料が水に溶け出します。すると、色移りや色落ちの原因になります。また、20分以上そのままだと水のニオイがついてしまいます。洗濯が終わったらすぐに干すことで色移り、色落ちを避けることができます。

色移りにも気をつけて

一番はじめに洗濯することを「初洗い(しょあらい)」と言いますが、この時が一番色落ち、色移りしやすいタイミングです。もし、色落ちが気になるようなら、軽く水ですすいでみたり、洗剤で手洗いして色落ちがどのくらいするか確かめます。色が濃く出ると、他の衣類と一緒に洗うと色移りしてしまうわけなので、最初の1度目は軽く洗ってから着るのがいいでしょう。

まとめ

色落ちの悩みは全世界共通。調べてみると、色落ちしにくい洗剤、色移りを防止するシートがドイツ製で販売されていました。Amazon.co.jp(アマゾン)などインターネットで購入ができます。色落ちしにくい洗剤などを使って、洗濯機で洗うことで色落ちをゆるやかにすることもできます。

手洗いがベストですが、洗濯機を使っての洗濯でも、工夫をするだけで色落ちは遅くすることができるのがわかりました。悩んでいる人は色落ちしにくい方法で洗濯に挑戦です!

スポンサードリンク

-洗濯
-, ,

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.