お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

洗濯

洗濯機の水漏れ原因は何?自宅で直せるのかどうか?

更新日:

洗濯機を使っていたら、いきなり水漏れをしてしまったら「どうしよう?」なんてドキドキしてしまいます。
マンションに住んでいると、床が水浸しになってしまうと階下の人にまで迷惑がかかってしまうこともあり、早めに対処しなくてはいけません。

でも、女性を中心に洗濯機などの家電トラブルはどうしたらいいのかわからない人も多いのが現実です。水漏れトラブルも、お金を払ってでもいいから解決してもらいたいと思う人は多いことでしょう。

洗濯機の水漏れとして多い理由は何?そして、業者を呼ぶ前に対処できる方法とは……?

洗濯機が水漏れした時にまずはこうする!

洗濯機は長い期間使うので、水漏れの原因でも「これじゃないかな?」「あれじゃないかな?」と推測される状況も多いです。洗面所の洗濯機が水漏れしているようだと感じた時には、排水、給水、どちらに原因があるのかを調べます。

そのためには、

・洗濯機を動かしている時は動作を止める
・洗濯機の蛇口部分を閉めておきましょう。
・蛇口を止めても蛇口から水漏れをしている時には、水道元栓を閉めます。

水道の元栓はどこにある?

水道の元栓は、水道の元栓の位置ですが、ガス元栓の近くにあります。マンションだと玄関の前や、1階部分の地面にあることがあります。戸建てでは地面にあることが多いです。

水を止めてからは修理前に雑巾などで水を拭きます。

なぜ洗濯機の水漏れが起こりやすいのか

洗濯機には、パッキンやジョイント、ホースといった破損や損傷しやすい部品が多いです。

洗濯機の部品は多く、他の家電製品でパーツとパーツの部品の継ぎ目が多いことがわかります。パーツが多いことは水漏れ原因のリスクが高くなります。排水ホースが劣化したりすると、ホースから水漏れすることもあります。そのため、長い間使っていると破損してしまうこともあり、実際に洗濯機の水漏れを体験した人も多いです。

洗濯機の水漏れ原因として考えられること

洗濯機には、「ドラム式洗濯機」と「縦型洗濯機」の2つがあります。この2つで、部品が違うので水漏れ原因として考えられる部分がいくつかあります。「どこ」の修理が必要なのかを調べます。

スポンサードリンク

(ドラム式)
・洗剤ケース
・糸くずのフィルター
・給水部分
・排水部分
・本体

(縦型洗濯機)
・給水部分
・本体
・排水部分

水漏れ部分の特定を急ぎましょう。これがわかるだけでも、ある程度の金額や対処方法が考えられます。

洗濯機の水漏れは頻度は少なく、水漏れ修理店に依頼することで作業してもらえることが多いです。

洗濯機の蛇口周辺から水漏れ

洗濯機の給水部分、蛇口からの水漏れも多いケースです。

蛇口の壁とのつなぎ目からの水漏れ……蛇口が経年劣化で歪んだり、壁から浮いたりして壁から水がしみ出してくることがあります。
蛇口とホースのつなぎ目……蛇口、ホースのつなぎ目に金具やパッキンがついていることもあります。ナットのしまりが悪くなってきたり、パッキンが劣化していると水が染み出てくることがあります。

大きく2つの理由があります。給水部分は、水を洗濯機に入れる部分です。

給水ホースからの水漏れ

洗濯機の給水部分では、蛇口だけが理由ではありません。給水ホースで洗濯機につながる部分が水漏れをしていることもあります。

給水ホース自信の破損……ゴムの劣化により、小さい穴があいたり、キズがついたり、巻きグセによって破損したりするとホースが水漏れを起こしていることもあります。
給水ホースの両端……給水ホースは、蛇口と洗濯機をつなげています。つないでいる部分には金具などのパッキンがついています。パッキンの劣化、金具のゆるみや歪みが水漏れにつながります。

洗濯機本体から水漏れしている

洗濯機の本体から水漏れすることもあります。

洗剤のケースからの水漏れ……粉洗剤に多いのですが、何回も洗濯することで洗濯槽にかたまった洗剤がついてしまい、水がうまく流れなくなってしまって逆流を引き起こします。洗剤ケース、ケースの裏を洗ったり掃除することで対策できます。
フィルターからの水漏れ……洗濯槽にはゴミを取るためのフィルターがついています。洗濯槽、ホースにゴミがつまってしまって水漏れになってしまうことがあります。ゴミ取りフィルターのゴミはこまめに捨てます。ドラム式洗濯乾燥機では、乾燥機をよく使うとほこりがたまりやすいので掃除をこまめにしましょう。

洗濯ケースからの水漏れだと、本体部分、洗濯洗剤を入れる部分から少量の水がしみ出します。これだと業者を呼ぶ前に、自分自身で掃除をすることで対処ができます。

洗濯機本体の水漏れは業者を呼ぶ前に自分で対処できないか考えてみましょう。

その他

その他の理由としては

・洗濯槽が劣化している
・洗濯槽の部品の不良で水漏れが起こる

他の明確にわかる水漏れ原因だと、パッキンなどの部品を購入して替えたりして対処できるのですが、その他の理由だと業者じゃないと難しいこともあります。

自分自身で洗濯機の水漏れ対策はできる?

滅多に壊れないので、洗濯機の水漏れになると焦ってしまい、水漏れ業者を呼ぶ人も多いです。業者を呼ぶと平均すると大体5000円ほどの料金ですが、自分自身で修理が可能なこともあります。

利用年数が長いので 購入するとなかなか買いかえない洗濯機は、経年劣化によって、ゴムパッキンや蛇口などの金具の緩みや歪みが起こりやすいです。パッキンや金具はホームセンターでも購入ができ、金具の緩みや歪みはドライバーを使ってしっかり閉めることで対応ができます。

ナットのゆるみ、内部のゴムパッキンが劣化しているか、ホースの交換など、使用年数によって対応方法が違うのですが、部品によっては500円未満でホームセンターで購入できる部品もあるため、自分自身や家族、親戚で修理ができないかを聞いてみましょう。

 

まとめ

洗濯機の水漏れ原因は、家電の中でも部品が多いことから起こりやすい問題です。ゴムホースの破損や、ゴムパッキンの劣化や破損などが原因なら、新しい部品を購入するだけでも対策ができます。

家電の中でも接続部が多く、部品も多い洗濯機が水漏れした時は、水をとめて「どこから水が漏れているか」を確認することで対策しやすくなります。

スポンサードリンク

-洗濯
-, ,

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.