お掃除の基本やちょっとした小技をご紹介!

ハウツークリーニング

お風呂

風呂のカビが天井にできたら……?予防法はコレに決まり!

更新日:

お風呂のカビでも、天井にできてしまうとショックです。

お風呂は湿気もあるのでトイレなどよりもカビが発生しやすい場所。気をつけないといたるところにできてしまいます。そして、お風呂でも掃除がしにくいのが天井です。天井は女性の身長を考えても手が届かないこともあり、「次にやればいいや」と放置しがち。そうすると、カビも発生しやすく、しかも気づきにくく、見つけた時にはひどくなっている可能性もあります。

風呂のカビが天井にできた時の対処法はどうすればいいのでしょうか。そして、カビを天井に見つけた時にはどうやって取るのがベストなのかも調べてみました。

天井にできる風呂のカビの原因は?

風呂の中はカビが発生しやすい場所です。風呂でも床やタイルの目地、ゴムパッキンのところにカビが発生しやすく、毎日の掃除をしていても湿度が高いせいかカビを見つけてしまうこともあります。

お風呂の中でも掃除が行き届かないのが天井です。浴室の天井を水洗いするには手が届かないので、椅子などがないと無理なことがあり、水がしたたり落ちるのでシャワーなどで水洗いをするのにも躊躇してしまいます。

まず、風呂のカビで、トイレや風呂場など家の中で見つかるものは多くが「クロカワカビ」です。黒い斑点状のカビで、白やクリーム色の床や天井だと目立つように現れます。浴室以外にもトイレなどで黒カビは発生し、菌糸は糸状の細胞を飛ばして表面に広がって胞子を飛ばして次の黒カビにつながります。

黒カビが発生する理由は……

カビが育つのは

・栄養
・温度
・湿度

が主な原因です。このほか、水分や空気があるとより繁殖しやすいです。お風呂場は、水分が他の場所に比べて多く、お風呂に入った後にもしっかり乾燥しないとカビにとって最適な環境になります。

(風呂場にカビが繁殖しやすい理由)
栄養分……皮脂、垢、石けんのカス
温度……20度~30度の高い温度
湿度……70%以上でじめじめしている

壁や床、棚についている水滴をしっかり取り去り、皮脂や垢も落とし、乾燥しておかなくてはカビが繁殖しやすいのが浴室。毎日水気を拭くようにこころがけていても、水分をふき取り忘れてしまうのが天井です。お風呂の天井は毎日わざわざ掃除をする人が少ないです。

もし、風呂のカビが天井に発生してしまうと、カビ菌が天井についていることで上から下に降っていき浴室内にカビ菌が充満してしまいます。黒カビには直接の悪影響はないものの、身体が弱い人はぜんそく、アレルギー反応の原因になり、注意が必要です。

家で簡単にできる浴室の天井のカビの予防方法は?

家で簡単にお風呂のカビ取りをしたい時には、ある掃除アイテムが役立ちます。

スポンサードリンク

簡単にお風呂の天井のカビ掃除ができるものは、シートを取り替えるタイプの「フロア用ワイパー」です。フロア用ワイパーはお風呂用ではありませんが、お風呂に使うのにぴったりです。

ウェットシートがついたフロア用ワイパーがおすすめで、乾燥シートでも大丈夫です。

・乾燥タイプ→スプレーなどで洗剤をふりかけたり水分を含ませて使う
・ウェットシートタイプ→そのまま使うほか、洗剤をふりかけて使う

この2つの方法で対策ができます。

浴室天井のカビの予防法

浴室天井の掃除は、フロア用のワイパーを使って掃除をします。

(毎日の予防法)
1.ウェットシートor乾燥しているシートをフロアワイパーにつける(乾燥しているシートはそのままでも構いません)
2.手をのばして天井の湿気を取り去る
3.風呂場の天井を水分がない状態にしておく

風呂場の天井に水分がないだけでも、カビが好きな湿気・水分を取り去ることができます。皮脂や垢、石けんの栄養分は浴室内の掃除で払拭し、可能なら浴室内の乾燥機能で湿度や温度も調整できるといいでしょう。

(軽い風呂場の天井のカビ取り)
1.ウェットシートをフロアワイパーにつける
2.柄を長くして天井をふき取る
3.天井まで届かないようなら椅子に乗って行う

できてすぐの黒カビには、ウェットタイプのシートが活躍します。乾燥しているタイプのシートであれば水で濡らして行うか、スプレータイプの洗剤をつけて行ってもいいでしょう。ふき取る手間が大変で、椅子を用意するのが面倒だと感じる人もフロアワイパーは柄を長くすることができるので、天井に手が届かない身長の低い女性でも椅子なしで簡単に掃除ができます。

浴室の天井で簡単にはカビ取りができない場合

お風呂の天井のカビを取りたい時に、ウェットタイプのフロアシートだけでは取り去ることができないこともあります。まずはふき取りをしてみて、黒いカビがこびりついていた時には、強い薬剤を使って取ってみましょう。

カビ取り洗剤としては

・塩素系洗剤
・酸性の洗剤
・重曹スプレー
・セスキ炭酸ソーダ
・クエン酸スプレー

があります。

トイレや風呂用洗剤として発売されている製品を使います。また、重曹スプレーやセスキ炭酸ソーダ、クエン酸スプレーはナチュラル洗剤として好まれている製品です。

同じくフロアワイパーを用意して、洗剤をシートにたっぷり含ませて天井をこすって汚れを落とします。

カビ取りをする風呂場掃除のときの注意ポイント

強い薬剤をつけて掃除をする時には、注意しなくてはいけないことがあります。

それが、

・換気をしっかりする
……洗剤によっては強いニオイを発生させることがあります。窓を開けたりドアを開けて換気をしっかりして行います。

・マスクをして吸い込まないようにする
……空気を吸い込まないようにして行います。

・できればゴム手袋をつけて
……洗剤によっては手に触れると荒れてしまうことがあります。ゴム手袋をつけておくと安心です。

・レインコートやレインポンチョがあると安心
……フロアワイパーを使って行ったとしても、水滴が体にたれてくる危険性もあります。レインコート、レインポンチョを着て、中の洋服も汚れてもいい服装だと安心です。

・椅子も用意する
……浴室内で天井の掃除をしていると、椅子のような高さがあるとしっかり掃除できる気がします。その場合はぐらつかない安定性の高い椅子を用意してください。

です。準備万端で行ってみてください。

防カビ用の煙剤も販売されている!

最近では、お風呂全体のカビ予防ができる煙剤が販売されるようになってきました。

銀イオンの煙が発生して天井を中心に、カビの原因を除菌できる商品です。浴室全体のカビ予防ができる製品で2ヶ月に1度ほどの使用でカビを発生させにくい環境にします。除菌ができるほか、使用後は黒カビが生えにくくなるので掃除も楽になります。

煙剤にはフローラル系の香りもあり、カビ掃除をするよりも楽です。

まとめ

風呂場の天井にできたカビ汚れは、見つけたら日が浅いうちに撃退するのが肝心です。

軽い場合だとウェットシートでも軽くこするだけで落ち、定期的な煙剤を使用すればカビ防止にもなるため、忘れないように行いましょう。
フロアワイパーを使えば背が低い女性も簡単に掃除ができるので、風呂場でも使ってみることをおすすめします。

スポンサードリンク

-お風呂
-, ,

Copyright© ハウツークリーニング , 2020 All Rights Reserved.